パソコン修理の極意を伝授します

現代人にとって、パソコンは仕事やプライベートで不可欠のツールのひとつです。プライベートでインターネットショッピングやネットバンキングを利用している人であれば、パソコンが使えなくなると普段の生活ができなくなってしまいます。パソコンは機械なので、長年使用するといつかは故障して使えなくなってしまいます。パソコンの調子が悪くなったり故障して全く使えなくなってしまった場合、不具合の原因や程度によっては自力で問題を解決することができるケースがあります。パソコンの具合が悪くなった時に最初に行うべき事は、システムが起動すれば診断ツールを利用して不具合の原因がハードウェアまたはソフトウェアのどちらの問題なのかを調べることです。不具合の原因がハードウェアの故障であれば、業者のパソコン修理サービスを利用するか自力で部品交換を行います。ソフトウェアの問題であればディスク内の不要なファイルを削除したり、再インストールすれば問題が解決します。

ソフトウェアが不具合の原因であることが判明した場合の対処方法

修理のためにメーカーに持ち込まれる故障パソコンの3~4割は、不具合の原因が機械的な故障ではなく、ファイル削除やOSの再インストールなどで対応可能なケースで占められています。不具合の原因がハードウェアの故障でない場合には、自力で復旧させることができます。ハードウェアが故障原因でない場合には、ディスク内のファイルに問題があります。システムが起動できるのであれば、ディスククリーニングを行ってキャッシュを削除したり、不要ファイルを移動・削除してディスクの空き容量を確保します。セキュリティソフトなどをインストールした直後に不具合が生じた場合には、セーフモードでシステムを起動してから問題を起こしたソフトをアンインストールします。不要ファイルやソフトを削除しても問題が解決できない場合には、重要なファイルを外部メディアに保存してからシステムを再インストールしましょう。診断ツールで異常が発見されなくても頻繁にフリーズする場合があります。このような場合はパソコン内部にホコリが溜まって熱暴走している可能性があるので、ケースを空けて掃除機でホコリを除去すれば回復します。

ハードウェアが不具合の原因であることが判明した場合の対処方法

メーカー品のパソコンであれば、メーカーのパソコン修理サービスで無料または有償で修理してもらえます。保証期間内であればメーカー修理が一番おすすめです。メーカーの修理センター以外にも、パソコン修理を専門とする業者に修理を依頼することができます。もしも保証期間を過ぎている場合や自作パソコンであれば、パソコン修理の専門業者に修理を依頼した方が早く復旧する可能性があります。故障パソコンの修理が専門の業者を利用すれば、純正品の部品が入手できなくても代用品で対応してもらえる場合があるからです。修理後もパソコンをしばらく使用し続けるつもりであれば、修理のついでにメインメモリを増設してもらって延命処置を行うことができます。故障の原因が判明していて、ある程度パソコンの知識がある人であれば自分で修理を行うことができます。デスクトップパソコンの電源や光学ドライブの故障程度であれば、中古部品などを取り寄せて交換すれば復旧します。