パソコン修理時に気をつけたいこととは

ノートパソコンやデスクトップ型パソコンなど形に限らずに、パソコンが故障してしまった場合に出すパソコン修理で気を付けることは、どんなことがあるのでしょうか。パソコンで最も大切になるのは、ハードディスクに保存されているデータです。例えば、カメラの画像であったり、動画に限らず、ソフトウェアを利用して作成した資料やお気に入りのデータなどなど、一言で言うとデータとなります。どこが故障したのか分かる場合、ハードディスク内にあるデータは全てバックアップをとっておくことがまずは大切なポイントです。パソコンが起動しない、調子が悪いなと感じた場合にはすぐにバックアップをとり、修理に出す、若しくは点検をしてもらうようにすると良いでしょう。全てがなくなってから後悔することは避けたいです。

修理前には他人に見られても問題ないか確認

パソコン修理は、パソコンの外側だけではなく、内部も調査する対象になります。この場合、電源を入れて起動することがほとんどで、ハードディスクの内部のデータを見られることも考えられます。個人情報や大切なパスワード情報など多くのデータが保存されている場合、これらのデータは暗号化しておく、若しくは、削除しておくことがポイントです。パソコン修理で他人の手に渡るため、こうした個人情報がどこで漏えいするのか分かりません。WEBサイトのパスワードや、クレジットカードの登録などなど、便利な保存機能ですが、修理に出す場合にはこうしたデータを消去しておくことがポイントです。また、個人情報を含まないとしても、パソコンに保存されたデータを見られることは避けるべき点と言えます。

修理前に見積もりをとってもらう

パソコン修理は状況によっては、料金が高くなることがあります。データの復元やデータのバックパックも行ってもらうのであればそれなりに料金がかかってきます。修理に出す場合でも新しいパソコンを買うのと同等くらいの料金がかかってしまうことも想定されます。ハードディスクのデータを復元して欲しいという場合なども含め予めどのくらいの料金が必要なのかを見積もりしてもらうことがポイントになってきます。もちろん、予算オーバーも想定されるため、自分でボーダーラインを決めておき、それを超えてしまう場合はどのようにするか対応を考慮しておきます。保証期間内であれば、メーカー保証などもあるため、確認しておき、無償で修理が受けられることも可能になるため、確認しておくことがポイントです。